プロフィールと実績

プロフィール

学歴

1984.4~1987.3 大阪府立公衆衛生専門学校(看護科)
1992.4~1996.3 近畿大学法学部法律学科(法学学士)
2001.3 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻修士課程修了(保健学修士)
2005.3 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士課程修了(看護学博士取得)

職歴

1987.4~1997.6 大阪府急性期・総合医療センター・看護師(ICUCCU 7年半・整形外科 2年9ヶ月)
1997.7~1999.3 神戸市看護大学成人老人看護学講座助手
2004.4~2004.12 兵庫県立大学看護学部附置研究所推進センター講師
2004.12~2005.3 兵庫県立大学地域ケア開発研究所講師
2005.4~2010.3 兵庫県立大学地域ケア開発研究所准教授
2010.4~2014.3 兵庫県立大学地域ケア開発研究所教授
2014.4~ 兵庫医療大学 看護学部 教授

研究内容について

私が行っている教育・研究活動は、疾病のある人のケアはもちろんですが、健康な地域住民の健康レベルをより高め、疾病を予防し、健康を維持するための実践です。取り扱う領域としては、成人看護(急性・慢性)・在宅看護・老年看護・リハビリテーション看護・遠隔看護・災害看護を含んでいます。

(1)関節リウマチ患者のコーピング(対処)、リウマチ看護師の実践能力と専門性の向上を目指した研究

関節リウマチ患者のコーピングが博士課程における研究分野であり、主にリウマチ患者のストレスを中心とした日常生活と疾病管理に関する研究を行い、継続した研究を実施しています。また、リウマチケアに携わるナースの専門性と看護の質の向上をめざすための教育プログラムを開発し複数の病院で実践しています。全国のリウマチ看護に携わるナース達とネットワークを作り拡大中です。日本リウマチ看護研究会の会長もしています。

(2)まちの保健室

本学や地域で「まちの保健室」活動を推進運営しています。さらに兵庫県看護協会が実施している「まちの保健室」活動で実践しながら、大学教員として兵庫県看護協会の「まちの保健室」活動を後方支援しています。

(3)災害看護

災害時被災地に出向く災害支援ナースの養成と教育、災害と情報、中学生や地域住民を対象とした減災教育などの実践的な看護研究をおこなっています。2012年頃からは、災害時だけでは興味の低い人々に対して急病時の対応を絡めた介入や、要援護者を災害時どのように避難支援するか、災害時の看護師ネットワークと住民ネットワークにも力を入れています。

(4)遠隔看護

リウマチ患者さんの日常のストレスの体験とコーピングをwebを通して収集し分析してきました。また、「まちの保健室」活動と遠距離通信のテクノロジーを連携させた在宅医療患者支援のためのシステムづくりをおこなってきました。遠隔看護の立場から災害データベースの構築・情報提供システムの開発・災害看護支援システムの構築を行ってきました。

業績一覧

これまでの研究

論文名 雑誌
1)田中初美,山本直美,吉永喜久恵,土井英史:看護婦(士)の末梢静脈内留置カテーテル管理の実際, 1)臨床看護研究の進歩, 11,92-98. 1999.1
2)神崎(田中)初美,沼本教子:デイケアセンターに通う高齢者の主介護者における介護負担感と主観的健康観との関連〜2変数に影響する要因の分析, 2)日本老年看護学会誌,Vol5,1,156-164 2000.1
3)田中初美,山本直美,吉永喜久恵,丹野恵一,片岡陳正:末梢静脈内留置カテーテルの菌検出状況からみたヘパリンロック管理の検討,16(2), 157-163 3)日本環境感染学会誌, 16(2), 157-163 2001.1
4)神崎初美, 城戸良弘:胃切除を受ける早期胃癌患者に行う認知行動療法的介入研究−告知後一週間から退院までノート記述や面接によるセルフモニタリングを行った効果 4)日本看護科学学会誌, 22(4), 1-10. 2002.12
5)Nobuyuki Ashida, Hatsumi Kanzaki, Tadamasa Takemura, Kiyoko MakimotoDevelopment of Tele-care Symptom Management Support System for the Rheumatoid Arthritis, 2, 190-193. 5)The 2th APT Telemedicine Workshop2, 190-193. 2004.3
6)Hatsumi Kanzaki, Kiyoko Makimoto Tadamasa Takemura Nobuyuki Ashida,: Development of web-based qualitative and quantitative data collection systems: a study on daily symptoms and coping strategies among Japanese rheumatoid arthritis patients. 6)Nursing and Health Science, 6, 229-236 2004.9
7)Tadamasa Takemura,Hatsumi Kanzaki, Nobuyuki Ashida,: Development of the Patient Follow-up System Using an Internet-ready Mobile Phone. 7)The 3th APT Telemedicine Workshop, 176-179 2005
8)Hatsumi Kanzaki, Masumi Azuma, Takafumi Katayama, Shunji Suto, Mieko Nozawa,: Development of a document search system used for disaster nursing – Analysis of description concerning preparedness to disaster 8)The 4th APT Telemedicine Workshop, 62-67,2005 2005
9)神崎初美・東ますみ・片山貴文・周藤俊治・野澤美江子:一般住民と看護専門家のための災害看護文献検索システムの開発 9)看護情報研究会論文集, 150-153,2006 2006
10)神崎初美・神原咲子:兵庫県全域「まちの保健室」を利用している地域住民の健康状態と利用ニーズ 10)兵庫県立大学・地域ケア開発研究所紀要,16,39-49,2009 2009
11)神原咲子・神崎初美・安達和美・新井香奈子・松岡千代:「まちの保健室」ボランティア看護師のスキルアップ研究の評価と今後のニーズの検討 11)兵庫県立大学・地域ケア開発研究所紀要,16,39-49,2009 2009
12)片山貴文・神崎初美・東ますみ・野澤美江子・白川・功・山本あい子:被災者の殺到時や停電、通信途絶時の使用を想定した避難所の看護記録シートの開発 12)兵庫県立大学・地域ケア開発研究所紀要,16,51-65,2009 2009
13)片山貴文・岡元行雄・神崎初美:豊かな人間性・社会性を育む防災教育の試み-コンピューターを通じた学びから現実世界へと学びの場を広げる防災教育ー 13)Comuputer & Education,2009 2009
14)Hatsumi Kanzaki, Zhang Xiaochun, Ayumi Nishigami, Mieko Nozawa, Masumi Azuma, Takafumi Katayama, Aiko Yamamoto, Nobuyuki Ashida,: Effects of the support by the web-based disaster nursing care information provision at the Changdu earthquake in China 14)Journal of eHealth Technology and Application, Vol.7,No2.p127-131,2009 2009
15)神崎初美・神原咲子・余田明美・嘉土淑子・山口綾・畑田純子・松岡千恵美・片山貴文:就労中年男性へテーラーメイドで実施する運動支援に関する介入研究-「まちの保健室」で行う支援プログラム確率のためのパイロットスタディ- 15)兵庫県立大学看護学部・地域ケア開発研究所 紀要, Vol.17, 1-14, 2010 2010
16)神崎初美・太田千寿・中筋美和・永瀬由紀子・片山貴文・神原咲子・安成智子:子育て中の母親のケア能力とセルフヘルプを支える参加型行動研究とその評価 16)日本看護学会学会誌 地域看護,47-49,2009 2009
17)那須靖弘,芦田信之,神崎初美,他.タブレット端末を用いた被災者健康情報管理システムの構築. 17)日本遠隔医療学会雑誌,7(1),14-17,2011 2011
18)神崎初美・東山恵子・小田美紀子・内田峰子・山口和美・馬場明美・大森綵子:卒後院内教育にも活用できる「まちの保健室」兵庫県看護協会の取り組み 卒後院内教育研修プログラムに「まちの保健室」講座を導入した実践とその評価 18)看護,64(2),75-79,2012 2012
19)Nasu Y, Ashida N, Kanzaki H, Sagawa S, Tsuji M.:Efficient health information management systems using wireless communications technology to aid disaster victims. 19)J Med Syst.,36(4),2689-95,2012 2012
20)神崎初美:二次資料から見た東日本大震災時の医療に関する情報と残された課題- 発災後2週間までの現状に関する分析 - 20)日本遠隔医療学会誌,8(2),196-199,2012 2012
21)田中響,神崎初美,片山貴文,松岡千代,岡元行雄:総合的な学習の時間」を利用した中学生の減災教育-自治会長ゲームの開発- 21)「医学と生物」,157(6),1420-1427,2013 2013
22)神崎初美:共生社会を妨げる要因と新たな手法-孤立する高齢者の状と自助共助を基盤とした新しい地域コミュニティづくり- 22)兵庫県人権啓発協会研究紀要第15巻,p.27-39,2014 2014
23)安成 智子, 神崎 初美,育児支援プログラムに参加した父親の育児ストレス低下の特徴について 23)宇部フロンティア大学看護学ジャーナル,7巻1号 P.9-13,2014 2014
24)神崎初美:Web上に記述された女性在宅リウマチ患者の「ひとつ乗り越えた」認知と評価プロセスの分析 24)兵庫医療大学紀要(原著論文),3巻1号,p.13-24,2015 2015
25)Keiko Tsukasaki, Hatsumi Kanzaki, Kaoru Kyota, et al.:Preparedness for Protecting the Health of Community-Dwelling Vulnerable Elderly People in Eastern and Western Japan in the Event of Natural Disasters 25)Journal of Community Health Nursing,Vol.33, Number 2,p107-116,
Online: Apr.18, 2016
DOI: 10.1080/07370016.2016.1159442,2016
2016
26)西上あゆみ,神崎初美,堀内淑子ら:近畿地区看護協会の連携による災害支援ナース派遣と受け入れに関する実態調査 その1 災害支援ナースの派遣・受け入れの背景となる施設の災害(防災)対策に焦点を当てて 26)看護,68(3),p.82-86,2016 2016
27)西上あゆみ,神崎初美,堀内淑子ら:近畿地区看護協会の連携による災害支援ナース派遣と受け入れに関する実態調査 その2 災害支援ナースの派遣・受け入れに関する看護管理者の認識に焦点を当てて 27)看護,68(5),p.88-92,2016 2016
28)神崎初美:50分間で実施する減災教育講義とその教材が高校生の知識と実行可能性に与える影響の評価 28)兵庫医療大学紀要,4巻1号,p.15-23,2016 2016
29)井上満代,神崎初美:外来通院している全身性エリトマトーデス患者の病気の不確かさへの対処 29)日本慢性看護学会,10巻2号,p.56-62,2016 2016
30)神崎初美,元木絵美,浅井剛:手指機能や握力に依存せず簡単に絞れる「ふきん絞り器」の開発とリウマチ患者への適用 30)兵庫医療大学紀要,5巻2号,p.11-16,2017 2017

主な著書

  • TACSシリーズ7 老人看護学,分担著者,建帛社,P89-100
  • 災害看護学習テキスト第一章災害概論 4.災害と情報 の章を担当, 南裕子・山本あい子編,日本看護協会出版会,P69-82
  • ルポ・そのとき看護は, ナース発東日本大震災レポート(日本看護協会出版会),P493-496, 避難所で生活する被災者への支援 兵庫県看護協会災害支援ナースの活動
  • 事例を通して学ぶ 避難所・仮設住宅の看護ケア, 黒田裕子・神崎初美 著
  • リウマチ看護パーフェクトマニュアル,羊土社,p.221-227
  • 関節リウマチケアの基本と患者の意思決定を支える看護,神崎初美 企画・構成,分担執筆「リウマチ患者の意思決定支援」,臨床看護,へるす出版,p.1979-1982,2013年12月号.
  •     

  • 最新知識と事例がいっぱい リウマチケア入門,神崎初美 三浦靖史 編者,メディカ出版,執筆箇所 2章-1「リウマチ患者さんとかかわるひつようのある医療職」p.90-93,3章-1「リウマチ患者さんの意思決定支援」p.126-130、3-2「リウマチ患者さんの抑うつと心理状態の把握・支援」p.131-136,3-10「自己注射がこわくてできない患者さんへの看護」p.177-183,2017年4月.

現在受けている助成金研究

  • リウマチ看護師の看護実践能力の検証とセルフケア支援促進プログラム(平成30~33年度 文部科研 基盤研究B 主任研究者)

所属学会・役職

    • 兵庫県看護協会理事(地区理事・まちの保健室担当理事・災害看護担当理事):2007.7-2012.6, 兵庫県看護協会災害支援ナース委員会委員長2012.7-2014
    • 兵庫県高齢者自立支援専門委員会委員
    • 土木学会地震工学委員会「突発災害時における避難誘導に関する調査研究小委員会」委員
    • 国民教育総研PT委員会委員
    • 兵庫県建築審査会委員 2015年9月任期終了
    • 明石市建築審査会委員 継続中
    • 明石市防災会議委員(2013-2014)
    • 兵庫県人権啓発研究推進委員(2013年度)
    • 日本リウマチ友の会・賛助会員 継続中
    • 日本看護科学学会・学会員 継続中
    • 日本慢性看護学会・評議員・査読委員 継続中
    • 日本災害看護学会・評議員・査読委員 継続中
    • 日本遠隔医療学会・学会員 継続中
    • 日本公衆衛生学会・学会員 継続中
  • 独立行政法人日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(平成24-25年度)

 

過去に受けた助成金研究

      

  • 病院・在宅療養を支援するリウマチ看護の室を担保するアプローチ方略の開発と促進(平成26~29年度 文部科研 基盤研究B 主任研究者)
  • まちの保健室ナースの看護力で形成する急病や災害に備えられるまちづくりと効果の検証(平成24~26年度 27年度延長 文部科研挑戦的萌芽研究 主任研究者)
  • リウマチ看護師の専門性の可視化・構造化と戦略的看護介入の確立 (平成23~25年度 文部科研 基盤研究B 主任研究者)
  • 災害看護博士課程リーディングプログラム(平成24年9月採択~26年3月31日:文部科学省)の事業推進者
  • 災害時の避難所ケアとまちの保健室を融合した育成支援システムの構築 (平成 21~23年度 文部科研 挑戦的萌芽研究 主任研究者)
  • まちの子育て保健室(平成22年度明石市子ども基金助成金 主任研究者)
  • 兵庫県健康財団健康ひょうご21県民運動活動等助成金「県民ひょうご21学術賞」(平成22年度 主任研究者)
  • 中高年男性にテーラーメイドで行う体操習慣支援が健康増進に与える効果の検証(H19~21年度  文部科研 基盤B研究 主任研究者)
  • まちの子育て保健室(平成20年度明石市子ども基金助成金 主任研究者)
  • まちの子育て保健室(平成21年度明石市子ども基金助成金 主任研究者)
  • Webで実践する在宅関節リウマチ患者のシンプトンマネジメントに関する介入研究(H17~19年度 文部科研 萌芽研究 主任研究者)
  • 「まちの保健室」のEvidence-based実践への後方支援ネットワークの形成(平成17~19年度 文部科研 基盤A研究 分担研究者, 主任研究者 南裕子)
  • ユビキタス社会における災害看護拠点の形成(平成15~19年度 COEプログラム 事業推進メンバー)
  • H18年度兵庫県特別教育研究助成金「中高年男性の健康増進を支援する「まちの保健室」活動の効果と検証」(主任研究者)
  • H19年度兵庫県特別教育研究助成金先進的プロジェクト「災害後避難所用データベースの開発」(分担研究者, 主任研究者 山本あい子)
  • 「慢性関節リウマチ(RA)患者の疾病対処方略モデルの構築」(平成14年度日本看護協会出版会研究助成金)

過去の表彰

  • 2008年8月7日 2008PCカンファレンス最優秀論文賞
    片山貴文・岡元行雄・神崎初美「中学校の「総合的な学習時間」防を利用した防災教育のための教材の開発」
  • 2008年9月22日 兵庫県立大学シンポジウム優秀賞
    神崎初美 「リウマチ患者の日常生活の実態と、支援に必要となるもの」
  • 2011年 「関西ウェブサイト大賞2011」特別賞
    兵庫県立大学地域ケア開発発研究所「災害看護 命を守る知識と技術の情報館」
  • 2013年6月 「兵庫県看護協会」兵庫県看護協会長賞 受賞

コメントを残す

ニックネームは公開されますが、メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

  • 兵庫県立大学 大学院 看護学研究科