このサイトでは、私の日ごろの教育研究活動をご紹介していきます。
わたしの専門領域は、慢性看護特にリウマチ患者さんの看護、災害看護、そして「まちの保健室」です。大学院生の入学も募集しています。
興味をお持ちの方はどうぞ閲覧ください。

お知らせ一 覧

講義・研究会について一 覧

リウマチ市民公開講座に参加し健康相談コーナーを担当しました

2018年7月1日神戸大学先端融合研究環(神戸市中央区港島)でリウマチ市民公開講座が開催されました。 わたしは看護ボランティアで健康相談コーナーを担当しました。 いつもの市民公開講座とは趣向が違い、作業療法士の先生や技師 …

第32回日本臨床リウマチ学会で看護シンポジウム運営しシンポジストしました

朝、早くからたくさんの方々が来てくださいました。三浦先生が数えたところ140人は来ていたらしい。 ありがとうございました。 阪神淡路大震災のあった兵庫の地でも、災害に備えている人は少ないです。 災害時にリウマチ患者をどの …

日本リウマチ看護研究会

日本リウマチ看護研究会

ここ数年でリウマチ医療は大きく変化し、看護師にも期待の目が向けられ、看護の質や看護師の知識技術が問われるようになっています。
そこで、私たち看護師は、2011年よりリウマチ看護師ネットワークを作り、全国のナース達の情報交換や連携を目指しました。それを発展的に研究会として発足させました。
活動にご興味のある方は是非お立ち寄り下さい。
お問合せはこちらから

リウマチ看護研究と実践

リウマチ看護研究と実践

このページはリウマチ・リウマチ患者さん・リウマチを支えるご家族の方々に看護の視点から役に立つと思われる内容について2006年から管理人が記載しつづけているページです。時々は更新しておりますのでご訪問の際には開いてみてください。

神崎初美の災害看護研究と実践

私は災害だけでなく急病時に着目し、急病と災害に備える活動を行っています。これは多くの高齢者の方々の興味を引きよりリアルに必要性を感じて貰えていると感じています。最近では、色々な地域に出向き、救命時の行動、救急車の呼び方、地域住民自らが災害時にどのように避難行動するかについて、実践的研究を行っています。このページでは活動の近況や成果物を掲載していきます。