2006年6月29日
思いこみはリウマチに悪影響

きょうはこころの方面のお話をしましょう。

関節リウマチをわずらっていると、痛みや生活の制限だけでなくストレスも大きくなったりして「こころの病」にかかることが多いということも既に多くの文献の結果からわかっています。

ですが、治らない・寝たきりになる という思いこみ病気をより深刻な方向にするということもわかってきています

リウマチではないかと思い始めたひとは、リウマチに関する情報をあちこちで探し、悪い情報だけを自分のなかに取り込んで、より落ち込む場合があると思います。

また、既にリウマチである人は、より痛みがひどい日や、検査結果が悪かったりすると悪い方向に考えることがあると思います。

そしてリウマチになって長い月日がたつ人も、時には悪い予測をして、落胆することもあるでしょう。

時にはそのようなことがあるかも知れませんがそういう気持ちになったときこそ、気持ちを切り替え少し客観的に物事を捉えることができる練習をしましょう。

冒頭に書きましたように、長く落ち込むことや、病気を深刻に捉え「治らない・寝たきりになる」という思いを強くすることが病気をより深刻にするし、痛みも強くするということが多くの論文で既にわかっています。

痛い・苦しいという事実は変わらないのですが、気持ちの持ちようだけでも変えていくことは出来ます。

それには趣味や友人、自分を支えてくれる人が必要です。

人間は一人では生きられないものだと思ってよいでしょう。

それからストレスは発散させましょう

ときには文句を言ってよいのです。当たり散らすというのも支えてくれる人がいて理解してくれるならよいとおもいます。

口に出さず貯めておくのは最もよくないことです。

ですが・・・

いつも当たり散らしていたり依存しすぎると誰も支えてくれなくなりますのでご注意を!


コメント(2件)

  • 神崎

    のんさん、おたよりありがとうございます。いろいろなことが重なり大変ですね。いまが試練のときなのかも。栄養士さんにご相談されるそうでそれはとても良いことだし重要なことです。
    それからリウマチに関しても糖尿病に関してもよいDrに診てもらってください。両方の病気を別々に診るのでなく統合して適切な治療や指導をしてくれるDrであることが必要です。リウマチの専門医は糖尿病には詳しくない人が多いです。反対に糖尿病の専門医もリウマチや整形外科領域のことは知らないことが多いです。ですから難しいけど両方の科が連携してくれるといいなと思います。
    それからのんさんもいまはインターネットや先輩RAのかたがたのHpなどで情報を得たりしてください。
    疑問に思ったらいろいろな人に聞けば良い答えが返ることもあるでしょう。
    いま、おつらいでしょうがこのページでも私で良ければお話をお聞きできますのでまたお便りしてくださいね。

  • のん

    神崎さんこんにちわ。いつも拝見させていただいてます。先日33歳になり、リウマチ発病から約3ヶ月。痛みは徐々に進行しているようですが、不妊治療のためプレドニンだけに頼る日々。ところが昨日、1型糖尿病であることが判明してしまい、何だか八方ふさがりのような気分です。もちろん方法はまだあるし、前向きに頑張れば良くなるとわかっていますが、しばらくは立ち直れなそう。自分にも周りの人たちにも悪い事ばかりの今年。よく考えたら、本厄年ですね〜。ははは。糖尿病については、来週栄養士さんと相談して今後について決めていく予定。まいったぁ〜・・・。

コメントを残す

ニックネームは公開されますが、メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。