2008年1月4日
祝2008 明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。皆さんのお正月はどんなでしたか?

わたしは初詣に行きおみくじをひくとなんと「大吉」でした。大吉のくじの文章を読んでみると「思うがままになる運です。短気をいましめて身をつつしみ何事も心静かに他人とよくよく相談して事をなさい すべて心のままになるでしょう」でした。

「短気をいましめ」ってあたりが当たっていたりして思わず苦笑してしまいました。

なるほど、おみくじのように今年は心がけねば・・・としばし頷き納得したのですが・・・

しかし・・・

初詣には家族5人で行ったのですがそのうち4人が「大吉」で周囲の人たちも「大吉だったわ~!」と言う声がたくさん!

みんな大吉か!

って思うほど大吉の多い神社でした。

でも良いことは信じようっておもいましたよ。

私はいつも

良いことは信じて悪いことは半分以下に考えよう心がけています。

その悪いことが、直さないといけないことであったり真摯に反省しないといけないことだったら

全部受け止める必要がありますがこのような占い系は良いことだけ信じた方が幸せですよね。

とくにリウマチでは、心配しすぎや取り越し苦労が病気に良くないです。ネガティブ(マイナス)思考でうつになったり病気を悪化させるという文献もあります。

今年も明るく笑っていきましょう!


コメント(3件)

  • 神崎

    三毛子さん
    「お気楽な私であること」はとても大事なことです。書いておられるようにお気楽すぎると深刻な事態を見逃す場合もあるのですがそういうときは誰かが忠告してくれるものです。通常はお気楽でいることが痛みを鈍にする面もありますし、何よりも精神的な安定が全身状態を良くするように働くでしょう。
    わたしも昨年はリウマチの研究が思うように進まなかったのですが今年はやりますよー!
    もんちゃんさん
    いつもありがとうございます。今年もがんばりますのでよろしくご支援下さいね!

  • もんちゃん

    ことしも、よろしくおねがいします。

  • 三毛子

    あけましておめでとうございます。
    寝正月(お正月でなくても寝てばかりですが)で、おみくじをひいてもいないのに、何を根拠にか運が悪いとは思っていない、そんなお気楽なわたしです。 でも、気楽に考えすぎ、と注意されているようでは、不良患者かと。(^^;ゞ
    でも、明るく過ごさなければ!と気負いすぎるのも、これまたストレスになるという難しさもあるようです。 やはり本当に明るく過ごせるには、実際に「良いこと」があり「悪いこと」がないこと・・・今年も関節リウマチの治療の進歩に期待するとともに、制度の改悪等がないことを祈ります。
    神崎さんは今年もまたご多忙のことと思いますが、ますますのご活躍をお祈りしています。

コメントを残す

ニックネームは公開されますが、メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。