2006年7月6日
勇気づけられる言葉

きょうは、「勇気づけられる言葉」について、記述します。

6月3日の日経新聞に「気持ちを高める言葉」という記事を見つけました。

6月29日「思いこみはリウマチに悪影響」、7月3日「ストレスの機序と対処について」と同様の記述が続きましたので、きょうはこの記事をご紹介したいと思います。

落ち込んでいるとき、ふさぎ込んでいるときには、ちょっと言葉をかけてもらったり、流行っている歌もしくは昔よく聴いた歌のワンフレーズに勇気づけられることってないですか

わたしは、岡村孝子の「夢をあきらめないで」がすきです。落ち込んだときに聴いてみると初心に戻るというか、これまでつらかったことを乗り越えてきた自分を振り返り「負けるもんか、気持ちを切り替えがんばろう!」って思えるのです。

それから、好きな言葉は、マーガレット・ミッチェル原作の「風と共に去りぬ」のヒロインであるスカーレットオハラが言った「明日は明日の風が吹く」ですね。

ポジティブになれる言葉やだれかの詩、格言などを自分の中のどこかにしまっておいて苦しいつらいときにどっかから出してくるのがとよいかもしれません。

さて、新聞の記事の紹介に戻るのですが、ちょっと紹介させてもらうと(写しになるといけないのでちょっと内容を変更したり付け足したりしてます)

  • 自分を信じる ことば

    過去と他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる

  • 気持ちを緩めることば

    自分は自分

    成せばなる成さねばならぬ何事も成さぬは人の成さぬなりけり

  •   悩みも失敗も貴重な体験 ととらえることば

    人生に無駄はない 時には回り道も必要

    ピンチはチャンス

  • 人生悪いことばかりじゃないって思えることば

    明日は明日の風が吹く

    果報は寝て待て

    やがて夜は明ける

全国の会社員公務員20-40歳代が選んだ落ち込んだときに聴きたい歌 ベスト5

(男女1031人へのネット調査から)

  1. 負けないで(ZARD)
  2. 明日があるさ(坂本九・ウルフルズ)
  3. ガッツだぜ(ウルフルズ)
  4. どんなときも(槇原敬之)
  5. それが大事(大事MANブラザーズ)

ですって。全部好きな曲ですね。KANとかも元気が出る歌つくってましたよね。

みなさんのも出来たら教えてくださーい。


コメント(6件)

  • 神崎

    ねこさん おたよりありがとうございます。リハビリの診療報酬改訂に関しては、国内の様々なところで議論が起こっています。今後は改訂によって実際このような問題が起こっているとか、あまり無いかも知れないけどこんな良い点があったとかの事実が整理され、その上でまた再考されるとは思っています。ねこさんも心配されるように、RA人口は多いとはいえずまた変な言い方ですが目立つ疾患でないので国や行政がRAに対してどのように対処していくのかは不明です。しかしリハビリが重要な疾患であることは間違いないのでRA患者さんへのリハビリ効果の事実を積み上げていくしかないのだと思います。
    もうひとつ、リハビリの自由診療が進んでいくことも予測されます。つまりお金のある人ほど自分の受けたいリハビリを選択できるというような方向です。もう少し充実した福祉が受けられる国家にしてもらいたいものですよね。ほんと、先の見通しが明るくない日本では老後にお金は必要かもとおもうこのごろです・・・。

コメントを残す

ニックネームは公開されますが、メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。